プッシュバックが楽になるツ-ル Pushback Helperの紹介

MSFS
スポンサーリンク
Pocket

マイクロソフトフライトシミュレータ2020(以下MSFS2020)で飛行機をプッシュバックさせる際、デフォルトの機能でプッシュバックさせる事はできますが、管制官とやり取りをする必要があります。また、その際には左や右と言った曲がりたい方向を指定したい場合、都度管制官とやり取りする必要がありこれはなかなか面倒ですね。そんな面倒なプッシュバックを「Pushback Helper」と言うツ-ルを導入すれば、管制官とのやり取り無しでスム―ズに思う方向に機体をプッシュバックさせる事が出来ます。今回は、この「Pushback Helper」をご紹介します。一部機能がアップしましたので補足致します。

Flightsim.toからダウンロ-ド

もうFSMS2020では定番のFlightsim.toからダウンロ-ドします。ダウンロ-ドしたファイルを展開し任意の場所(デスクトップ等)へ置きます。そして、そのファイルの中にあるPushbackHelper.exeをクリックして起動させると以下のような表示が出現し、使えるようになります。

以前のバ-ジョンよりト-イングカーの速度調節や飛行機の各種ドアの開閉が出来たりと機能がアップされています。各ボタンを押すと以下のような機能が働きます。

TUG  トーイングカーを呼んで飛行機に接続させます
JETWAY  搭乗ゲ-トを飛行機につなげます
FUEL  タンクロ-リ-を呼びます
MAIN DOOR  搭乗口のドアを開閉します
EMERGENCY DOOR  非常口のドアを開閉します
CARGO DOOR  貨物ドアを開閉します
PARKING BRAKE  パーキングブレ-キのon やoffに設定します
TUG SPEED  ト-イングカーのスピ-ドを調節します。左が遅く、右へスライドすると早く動きます
FORWARD  前方に引っ張ります。
RIGHT  右側へ押します
REVERSE  後方へ押します
LEFT  飛行機を左側へ押します
Pushback Helper for Microsoft Flight Simulator | MSFS
✓ Pushback Helper is a Microsoft Flight Simulator 2020 mod created by metindikbas. Download for free to enhance your experience in MSFS 2020.

PushbackHelperの使い方

PushbackHelperを起動すると上記画面で左側に出現しています。ただし、画面上の自分の好きな場所へ動かせます。マウスでドラッグすると動かすことが出来ます。

TUGボタンを押すと緑色になり、FOWARDの下の部分がACTIVEとなります。そしてト-イング  カ-が接続されます。FOWARDボタンを押すと前へ飛行機を押し出し始めます。

今度はRIGHTボタンを押して機体を右側へ方向を変えます。移動させたい所定の誘導路の場所まで来たら、FOWARDの部分が赤くSTOPとなっているのでボタンを押してト-イングカーを止めます。

これで誘導路まで押し出しました。あとはTUGボタンを押してト-イングカ-を飛行機から分離させます。パーキングブレ-キもPushback Helperのボタンでセットできます。

デフォルトだとこの間に管制官と右へ左へと交信しながら動かすことになりますが、このPushback Helperを使えば煩わしい交信無しで飛行機を動かせます。ただし、自分で右、左にコントロ―ルして動かしてやらないといけないので、慣れるまで難しいかもしれませんね。X-PLANEのアドオンにあるBetterPushbackのような完全自動の仕組みがあればいいのですが、有償のアドオンソフトにはあるかもしれませんが無料でここまで使えるのですから、デフォルトのプッシュバックよりは使いやすいと思います。なお、今回ご紹介したPushback Helperの他にプッシュバック関連のツ-ルとしてToolbar Pushbackと言うものもあります。こちらの方も機能が充実していて使い勝手が良いです。詳しくは下記の記事もご参照下さい。

コメント